お客様の声 of 北谷和子カウセリングオフィス

お客様の声


30代 女性

アタマでもハートでも納得できるカウンセリング

北谷さんには1年ほど前からお世話になっています。

時には愚痴の聞き役に、時には課題解決のブレスト相手に、そして時には自分のこころの声を聞く手助けをしてくれるガイド役にと、さまざまな形で助けていただいています。
なんでも話せる安心感も得られますし、次のステップを発見するプロセスも実感できるので、アタマでもハートでも納得できるカウンセリングだと感じています。

40代 女性

セッション終了後、すっかりカウンセリングいらずで暮らしています

80分×5回=400分のセッションは、今、思い出しても、宝物のような時間です。
あれから1年半が経ち、その間に人生の大きなコーナーを曲がった自覚がありますが、
大胆なカーブを切るときには、北谷さんにご一緒いただいた「心の旅路」での経験が、
私を大いに支えてくれました。

北谷さんのカウンセリングには、そのときどきの悩みやストレスの解消にとどまらず、
人生に雄雄しく立ち向かっていく根本的なパワーというか、人の生命力そのものを立
ち上がらせるような不思議な力があるように感じています。何しろ他ならぬ私自身が、
セッション終了後、すっかりカウンセリングいらずで暮らしていますので・・・(笑)。

40代 女性

人と接するのが苦手な事もあり、受ける前はとても緊張しましたが、北谷先生とお会いした瞬間から、そんな心配は払拭されました。

機能不全家庭に育ち、大人になればなるほどその事に囚われている自分がいました。
いつも心が苦しく、自分が大嫌いで、自分を責めることしか出来ないでいました。
どうしたらそんな自分から開放されるのか、どうすれば自分らしく生きられるのか、
本当はもっとより良い人生を歩んでいきたいのに、真逆の道に進んでしまっていることに
不安感がつのり、恐怖さえ感じていました。そんなときに北谷先生と出会うことができました。

対面カウンセリングなんて初めてでしたし、人と接するのが苦手な事もあり、受ける前はとても緊張しましたが、北谷先生とお会いした瞬間から、んな心配は払拭されました。
北谷先生からは慈愛に満ちたオーラを感じ、心を開くことが出来ました。
このカウンセラーなら私のことを救ってくれるかもしれないと思い、北谷先生を信じ、定期的にカウンセリングルームに通っています。
感情を吐き出す作業から始まり、自分の中の凝り固まった感情が少しずつ解けていくようでした。

私は物事を悪い方へと考えてしまう癖があり、それでまた苦しくなってしまい、負のスパイラルに陥ってしまうので、北谷先生から「想定をやめましょう」とアドバイスを受けました。想定をやめるということを心がけるようにしたら、驚くほど要らない想定をして、自ら首を絞めて辛くなっていたことに気づき唖然としたこともありました。

カウンセリングを受けてから徐々に身辺が変わってきたように思います。
私は自分はおろか、人を信じることも出来ず、常に孤独感に苛まれる人生を送っていましたが、心の底から信じあえる許しあえる人と出会うことも出来ました。

カウンセリングを受け始めてから一年が過ぎましたが、自分が本当はどうしたいのか、
どうすれば幸せを感じられるのかを北谷先生が一緒に考えてくださることで、孤独感や
不安感も薄れてきました。
心の土台というか、軸のようなものが一年かけて形成されてきたのだと思います。
北谷先生と出会えたことで、自分のこれからが楽しみだと思えるようになりました。

30代 女性

私がカウンセリングで得た一番大きなものは、自分の意思で選択し、決断できる力です。

カウンセリングを受ける前の私は、
おかれた状況のなかで、溺れそうになっていました。
悪循環の中にいることがわかっていながら、我慢するしかないと思い込んでいました。
そして、随分自分のことを痛めつけていたように思います。

カウンセリングを受けて、自分のいる状況や自分が本当に感じていること、
自分自身が本当に望んでいることを、先生に手伝ってもらいながら整理することが出来、
状況を変えるための一歩を踏み出すことが出来ました!

おかげさまで、今はとても充実した毎日を過ごすことが出来ています。

20代 女性

客観的に自分と人とを見られるようになり、対人関係もずいぶんスムーズになったように思います。

2~3年前、仕事に追われて気持ちが疲れてしまった時に
気持ちの整理をしたくてカウンセリングを受けたのが始まりでした。
以来、煮詰まったときには必ずと言っていいほどお世話になっています。

私はもともと話すのが好きなタイプで、悩み事も家族や友人に話しながら
解決方法を自分で模索するのですが、時にはそれで解決せず延々と
悩み続けてしまうことがあります。そんな時にカウンセリングを受けると、
もつれていた糸がほどけるように、自分の思い込みや本当の気持ちに
次々と気付かされ、その中で浮かび上がった素直な自分に向かい合うことができます。

北谷さんのセッションを受けるようになって、
もっと自分を大切にしようという気持ち、
自分とうまく付き合おうという気持ちが芽生え、
最近は煮詰まる前に自分をコントロールできるようになってきました。
また、客観的に自分と人とを見られるようになり、
対人関係もずいぶんスムーズになったように思います。
まだまだ悩んでしまうことも多いですが、
以前よりずっと余裕をもって周りの変化に対応できるようになりました。

以前は切羽詰まった気持ちでカウンセリングを受けに行っていましたが、
今は北谷さんへの近況報告がてら…という気持ちで行けるようになり、嬉しく思っています。

40代 男性

「水先案内人」

職場の人間関係や仕事自体について悩み、苦しみ、袋小路に入ったようでどうしようもなくなっていた時、ご縁があってこちらでカウンセリングを受けることになりました。 当初は本当にわらをもすがる思いでした。

何回かのセッションを通じて、職場での悩みを解決するには職場がどうのこうのというよりも、一見遠回りのように思えても、まず自分が自分自身について真摯に向き合い、理解することが必要だと気づかされました。 

自分は一体全体どういう人間であるのか、です。 
自分が自分を分かっていないと、職場でどうしたら良いのかという次のステップに行けない、そんな感じでした。

そしてこの作業で大切だったのは、自分が自分に嘘をつかないということでした。 言うのは簡単ですが実際の作業ではなかなか大変です。 自分のおぞましい部分も見つめることになるからです。ややもするとカウンセリング中に、信頼しているはずのカウンセラーに対してさえ、無意識のうちに自分の嫌な所を隠そうとして体裁の良いことを当たり障りなく言う場面があったほどです。 それではカウンセリングを受けている意味がないと途中で悟り、改めました。

また、自分がどういう人間であるかということについては、他人なんぞの評価を気にしない、そんなものとは全く関係がない、という点も大切でした。 良い、悪いというものではないのです。 他人によって作られた自分像に従って自分はこうなんだ、と決め付けるのとも違います。 私にとっては、16歳の頃イギリスで見つめていた曇り空は暗たんたる鉛色の雲なのにカッコイイと感じていましたし、最近は雨上がりの朝キラキラ光るアスファルトを見て宝物だと感じます。 他人がどう思うかにかかわらず、自分がどう感じるか、どう考えるか次第なのです。

ニュートラルな状態で、自己と真摯に向き合うこと。

このセッションを通じて改めて出会った真の自分は、意外や、本人も心のどこかに鍵をかけて封印していたような、「忘れかけていたシンプルな幼い頃の自分自身」でした。 そして家族や、亡くなった大切な人たちのありがたみを意識する自分でした。

人生は旅(journey)に例えられたり、大海原をいく航海のようなものだと言われたりします。大きな船には大海を航海する能力も技術もあります。けれど、浅瀬や内海、海峡では能力や技術があっても大きな船が進むのは難しいそうです。ルートを知っている水先案内人が必要です。

旅の途中で道に迷ったり、航海中に海峡に差し掛かったりしたら、カウンセラーという水先案内人に自分の旅のガイドになって頂くことも、選択肢の一つだと思います。水先案内人の助けを借りながら、けれど人生という旅をするのはあくまで自分自身であることを忘れずに。 悩みや苦しみについての解答も、カウンセラーから提示されるものではなく、おそらく自分の中にあるのではないでしょうか。

私はこれからも自分のJOURNEYを続けます。
大好きなジャック・ケルアックの小説「On The Road」を小脇に抱えて。

リンク集

シャンソンシンガーKAZU

シャンソンシンガーKAZU北谷和子のもう一つの顔、シャンソン歌手としての活動を紹介しています。

詳しくはコチラLinkIcon